healingdrumの旅

ドラム、ボディワーク、オルタナティヴライフについてのブログ

リ・コネクトダンス

太鼓の音はどこか懐かしい感じがする。

 

f:id:healingdrum:20171217161925j:plain

 

太古の昔から世界中に太鼓があって、祭りや儀式で演奏されてきた。

木をくり抜いて動物の皮をはっただけのシンプルな物を、手や木のバチで繰り返し延々と叩き続ける。

 

皆でリズムに合わせて踊り、地域や共同体の調和をはかり、良いことも悪いことも 「祭り合わせ」るため。

また精霊や祖先と交流し祈り感謝を捧げガイダンスをあおぐため。

結婚式を祝うため。

その年の収穫に感謝し祝い皆の苦労をねぎらうため。

病気や霊障を治療し浄化するため。

 

リズムは「目に見える世界」と「目に見えない世界」をつなぐ旅をするための「乗り物」です。

人種や文化や価値観の違いを超えて人と人とをつなぐ。

自然と離れてしまった人と自然をもう一度つなぐ。

自分と自分をもう一度つなぐ。

 

3次元の物理ボディーに納まっている「魂」は本来自由にしたいのに、この世(目に見える世界)の社会構造やシステムや生まれ育った環境に適応して生きて行くために、自らその欲求に制限をかけて束縛していることが多く、そういった「抑圧」は本人が気付いている、いないにかかわらず物理ボディーの奥深くに埋め込められていることがあります。

あるいは人生で経験したショックな出来事、トラウマ、などその当時向き合うことができずに消化しきれていない、味わいきれていない感情、思いなども体の中に封印されていることがあります。

こういった「残留感情」は、「自分」を形成している「信念体系」に大きくかかわっており、自分に対する価値感や社会に対する自分の対応に多大に影響しています。

知らない内に人生を大きく左右している。

 

「残留感情」や「抑圧」した思いは体の奥深くにある「コリ」や「かたさ」とくっついており、そのコリが解放されるとき、そのときの記憶や感情を再体験することがあります。感情のカタルシス(発散浄化)が起きるとそれは涙や体の動きとして昇華していきます。

 

リ・コネクトダンスは動の瞑想法です。

 

守られた安全な空間のなかで、誘導に合わせて感情にフォーカスし、音楽と体の動き、踊りで昇華します。

 

アフリカの楽器バラフォンやジェンベのリズムは、向き合うのが怖いような過去の思い出をもう一度安全に再体験することをサポートします。

 

「瞑想」を言語レベルで語るのはとても難しい、というより不可能なことですが、師の教えと自分の経験上からいえるのは、それは「する」ことではなくてただその体験が「起きる」ことだということです。

「する」ことはできないので、「起きる」ことを受け入れる。

座って静かに瞑想しているつもりでも、頭の中のおしゃべりはとまらず、なにも変わりません。

「瞑想法」は、できるだけ「それ」が起きるように様々な内、外の環境をセッティングすることですが、必ずしも「それ」が起きるとは限らない、ということです。

ただ、それが本当に「起きた」ときには一瞬にして気付きとともに深い理解が起きる。

生かされている、ことに対して感謝がとめどなく湧いてくる。

今ここ、に在る。

そして一旦起きたことは自分一人でも再現することができる。

 

自分自身の最近の気付きは、「喜び」を素直に表現できず押さえ込んできてたなー、と。

 

生きてる喜びを表現して最大限に人生を楽しむために、もういらないものは捨てて踊りましょう!

 

 

痛みに助けられる 

痛いのは嫌なものですね。(痛いのが好きな人もいるかもしれませんが、、、。)

 

でも、体のどこかが痛いのはそこに何かあるよ、という体からのお知らせ、サインです。お知らせがあるからこそそれに気付くことができる。助けられてる。

 

最初は少し「動かしずらいな」から始まって、それが「痛いな」となる。ほっておくと痛いこともわからなくなってくる、当たり前になってくる。コリはどんどん奥に引っ込んでいきます。感覚が鈍くなってどこが痛いのかわからなくなっていき、常に重い、だるい、全体的に痛い、となってくる。

日常が忙しく、常に頭が働いていて過去や未来に生きていると内側に意識を向ける余裕がない。

さらにほっておけば、機能、構造自体が壊れ病名のつくことになる。

本当に機能、構造が壊れてしまうとなかなか元に戻すのは難しくなってくる。

 

私たちの社会からは、ちょっとぐらい痛かったり、病気だったりしても頑張って努力することを強いられるので、むしろ痛み、苦しみに対して鈍感でないと不適合になってしまうような側面もある。

 

今の日本の「国」や「政治」や「システム」は、普通の人々がのびのび健康的に幸せに好きなように暮らしていくことを全く望んではいない、むしろなるべく我慢を我慢とも思わず、自分で判断も出来ず、従順に「常識」という洗脳のシステムのなかでうすうす死んではいないけど生きてもいない状態でいることを要求してくる。奴隷は自由にしてはいけないということですね。

かといって「システム」や何かに対する怒り、が動機のパンクな行動は動機が「怒り」なので、いくら正しい様でもやっぱり幸せな現実を創造することにはつながらない。

 

病気になったり、何か人生で大きな問題に直面した時こそ、何が本当に大事なことなのか改めて振り返ることができて気付けるチャンス。

私自身もA型肝炎になったり、ぎっくり腰から椎間板ヘルニアになったりして初めて健康でいられることのありがたさに気付けました。

そして操体法を通して、「気持ちが良い」(後味が悪くない)ことは体に良い!というシンプルで深遠な自然の法則を知りました。

後から振り返ると、その出来事全体が大きな宇宙の愛だった、ということに気付きます。

 

ただちょっと調子が良くなるとすぐに人はそのありがたみを忘れてしまうものです。

 

長い時間かかって自分で作り上げてしまった物を元に戻していくのには、やはりすぐに、というわけにはいかず、そして元に戻ってからもそれを保っていくには何かを継続的に続けていく必要が有る。

人の行動はその人が自分でも気付いていない深いところで信じている信念体系によって大きく左右されているから、「これがいい!」と頭で考えてする行動はなかなか継続的に続けていくのが難しい。

頭の考えでなく、体が「気持ちが良い」と感じることであれば割と継続していくのは難しくありません。呼吸法や体の動きを毎日すこしずつでも続けていれば、体の奥深いところに埋め込まれた様になっているコリも、薄皮を剥いでいく様に少しずつ変化していきます。毎日それをやることが一度習慣になってしまえば、今度はそれをやらないとなんか調子が変、となってきます。そうなってはじめて『身についた」ということです。

 

ものすごいスピードで展開していくこの混乱した時代を、自由に快適に、好きなことを思いっきりやって、自分の潜在的な可能性、創造性、ポテンシャルを最大限に発揮するには、まず体が健康で間に合っていないと!

 

最近、友人に起きた出来事と、自分の経験を振り返って書きました。

人生全体で見せてくれたその友人に感謝します。ありがとう。命の可能性を信じよう!

 

 

屋久島で月2回ペースで行っている

操体法セルフケアワークショップ」です。

 

<iframe src="https://www.facebook.com/plugins/post.php?href=https%3A%2F%2Fwww.facebook.com%2Fitsukushimiya%2Fposts%2F295205787550827&width=500" width="500" height="218" style="border:none;overflow:hidden" scrolling="no" frameborder="0" allowTransparency="true"></iframe>

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

いつくしみ屋の旅 伊豆〜屋久島

「いつくしみ屋」は、2004年6月21日夏至の日に富士山の麓朝霧高原で行われた、世界中から少数民族のシャーマンが集い世界の平和のために祈りを捧げるイベント「WPPD」に参加途中、みちとももが出会ったところから始まりました。

 

 

この日、台風が直撃で強風、豪雨のなか3000人以上の人々が手をつなぎ平和を祈りました。

f:id:healingdrum:20020821160900j:plain

 

結婚後、人と自然が調和して生きる、をコンセプトに、2005年伊豆半島の白浜でオーガニックカフェ「いつくしみ屋」を立ち上げ。

 

旧ブログ いつくしみ屋 good news

 

 

 

 

 

2009年ごろ

 

 

 

古い家をセルフリノベーションし、石窯を造り、ピザやオーガニックな創作料理を提供。

 

拾ってきた石、伊豆石、粘土で造った石窯

 

 

 

 

 

 

 

 

初めて焼いた石窯のパン

 

 

様々なアーティストが訪れ、投げ銭ライブ。

 

ホズ、カズ、なお、ななおと

ホズ、ななおと、カズ、なお

 

 

 

天草

 

 

 

ラビラビ

 

当時まだ日本ではこんなお店は珍しく、提供していた食事が評価され、様々なメディアに紹介していただきました。

 

[メディア取材、掲載]

 *月刊誌「田舎暮らしの本」9月号(宝島社)

「田舎暮らしの本」に掲載!: いつくしみ屋 good news

 

 *ムック本「レンガワーク入門」(出版社地球丸)

レンガワーク入門に掲載!: いつくしみ屋 good news

 

 

*テレビ番組「a life」(東海テレビ)取材

a life !: いつくしみ屋 good news

 

 

他情報誌、書籍、など多数

 

 

 

既存の社会システムの枠内で生きるのではなく、自分たちの望んだ生きたい世界、ヴィジョンそのものを創造する、生きること、人生そのものがアートであり循環する「生活芸術」をかかげて、伊豆の自然豊かな山のなかで実験し続けてきました。

 

物作り、薪生活、セルフビルド、ボディーワーク、小さな無農薬の畑、自然食、ライブミュージック、アフリカンドラム、、、。

 

気付くと現代社会の生活に疲れてしまった人々が訪れる保健室のようなお店になっていました。ももがカウンセリングの依頼をお客さんから受けるようになったのはこのころから。

 

 

 

人の数よりけものたちのほうが多いような山の中で自然と対話して暮らしていると、次第に自らの霊性と向き合わざるをえなくなります。

パートナーシップ、訪れるお客さん、静かな森の中の生活を通して様々な気付きがあり、次のヴィジョンへと導かれて行きました。

 

2010年にカフェをクローズし、より広い場所でパーマカルチャー、エココミュニティー的な事をしてみたくなり河津町の綺麗な川のほとりへ引っ越し。

 

集まった仲間たち数家族とコミュニティーリビングを実験開始。ウーフの受け入れなどしていました。

 

しかし、巨大風車の建設や、メガソーラーの建設によりそこでの活動を断念。

 

 

その後、西アフリカギニアニュージーランド、淡路島、北海道、南インド、タイ、ラオス、などの旅へ。

 

リュウジとバスキング ニュージーランド、モトゥエカ

f:id:healingdrum:20130305130708j:plain

 

 

 

旅先ではもちろん沢山の友人、先生との出会いがあり、沢山の聖地を訪れ、シャーマニズム霊媒、祭り、音楽、土着の民間療法、ヒーリング、代替医療など体験。意識が拡大していきました。

 

 

 

2015年、直感のみを頼りに屋久島に移住。

 

屋久島に来てすぐ、それまでの人生で経験した事、学んだ事の全てが崩壊し、

ひっくり帰るようなスピリチュアルな出来事を体験。

 

もう一度初心に帰り、2017年現在、いつくしみ屋屋久島を創り続けています。

www.itsukushimiya.portfoliobox.net

 

いつくしみ屋の旅は続く!

 

 

 

 

操体法 セルフケアワークショップ

f:id:healingdrum:20170801064117j:plain気法持ちの良い方へ体を動かして、簡単に体の歪みを改善し、楽々と心身の不快感を解消する操体法を身に付けませんか?


シンプルで奥深い操体法の原理を体験し理解できて身に付けるセルフケアのワークショップです。
 
体のバランスが整うと、体軸が感じやすくなり、グラウンディングでき、エネルギーの流れに敏感になるので、各種スポーツ、ヨガ、ダンス、武道なども向上します。身に付ければ一生ものです。
 
操体法を身に付けて、自由で楽しい、人生の冒険に出かけよう!
 
操体法 セルフケアワークショップ
(5名以上で開催)
 
所用時間 Ⅰ時間30分
場所 時間 要相談(参加者全員が横になって体を伸ばせるスペース。)
内容 呼吸法
         体の歪みの戻しかた
         不快感の解消法
         効率的な体の使い方
料金 3000円(一名)
全4回(最小回数)
 
お問い合わせ、ご予約はフェイスブックメッセンジャーか、メールでお願いします。
 
荒井 みちとも(フェイスブック)
itsukushimiya@icloud.com
 
 
 
 
 
 

気持ちの良い方へ

痛い、苦しいなどの不快感を解消するには、気持ちが良いと感じる方へ体を動かせばいい。
体は普段から自然にのびをしたりあくびをしたり調整してくれているけど、それを意識的にやる。
体が歪んでいると偏って滞っているところがあり、 そこがのびたりちぢんだりして気持ちがいいと感じる方へ動かしてしばし「タメる」。
一呼吸して息を吐きながら力を解放する。
解放したのあとの「間」に調整が働く。
何回かやるとバランスが戻る。
力を入れて動いた時の気持ち良さは「肉体レベル」の気持ち良さ。
はじめ力んで力が抜けない時とか、体が硬い時、心が騒がしい時にはここから。
心が静かになってきて、静かな呼吸とともに極々軽い力でゆっくりと動くと「エネルギーレベル」の気持ち良さがあるのに気付く。エネルギーの気持ち良さはとても微細だけど奥深いところから発生する感動の波のような、光のような。
心身により深い効果がある。
うまく全体のバランスが整うとスッと一本軸が通ったような感じになり、足がしっかり地球につく。
呼吸がゆっくり楽で、リラックスした集中状態。アタマがすっきりして体が軽い。
いつもこうありたいですね。

広告を非表示にする

封印

過去の未消化の感情やトラウマが体の奥深いところに残っていることがある。

私の例だと、若いころ、歩いていたら突然10メートル先ぐらいの目の前に飛び降り自殺の人が落ちてくる、という事件があった。あまりにびっくりし過ぎてすぎてその場で身動きがとれず、立ちすくんでいた。その日は食事も出来ないくらい落ち込んだが、自分がどんな気持ちなのかよく分からなかった。その後はなるべくそんなことはなかったかのように過ごしていて、そのことは忘れたつもりでいた。
10年ほどたって操体法の修行時代。家で一人で体の動きをしていて、背中の右上奥あたりになかなか取れない痛みがあり、どうにかそれが取れるように体を動かして、やっとその部分が解放された瞬間、その事件の記憶が突然鮮明に蘇ってきた。その時の、自分が何も出来ないでいる不甲斐なさや、恐ろしさや、いろいろ入り混じった感情が流れ出していった。当時恐ろしくて、
ショック過ぎて向き合えず、感じ切ることができなかった感情を、体の奥深くに封印してあった。封印が解けてその時のことを再体験したが、そのあととても軽くなった。

ニュージーランドのorganic river fesで出会った若いドイツ人のデイヴィッドは、操体法に興味があり、腰が痛いというので、横になって腰周辺の動きを誘導していくつか行ったら、突然泣き出した。「う〜〜っ」とか言って涙をボロボロ流し出したので、どうしたのか聞くと、「ただの古い記憶が〜〜っ」と言葉にならず。こっちも一瞬動揺したが、中心に戻って見守ることにした。
感情解放が起きてることが分かり、しばらく見守った後一人にしても大丈夫とわかりその場を去った。1時間くらい泣いていたらしい。何の記憶が思い出されたのか細かいことは聞かなかったが、大解放だったようで、その後私のことを「father」呼ぶようになった。

広告を非表示にする